スワップ狙いなら外貨MMF

FXで簡単に稼ぐなんて本がよく並んでますが、
FXは専門知識と相当の投資経験を必要とする、
とてもハイリスクな投資なんです。
初心者がFXで稼げるなんて、そんなに甘いものではございません。
しっかりとFXに関する勉強をしましょう。

FXでよく耳にするのが”スワップ”です。

FXにおけるスワップとは、通貨発行国と日本の金利差のことスワップと呼びます。スワップとは「チェンジ」「交換する」という意味ですね。通貨発行国が日本円の金利よりも低い時に、外貨を購入すると、両国の金利差がスワップポイントとして加算されるのです。fxでは円を売って外貨を買うことができます。つまり、通貨を交換するわけですが、このときにつく金利をスワップポイント、またはスワップ金利と呼ばれてます。

日本では超低金利が続いていますので、外国の通貨を購入した場合も円金利が外貨金利を上回っていることはありませんね。通常FXでドルを購入した場合はスワップにより、お金が手に入ります。また、円金利がドル金利を上回った場合には、fxにて円売りドル買いをしている投資家は逆にスワップとして金利差分を支払う必要がでてきます。

現時点でも、円買い、ドル売りのポジションをもっている方は
スワップを支払う必要があるので注意が必要です。
fxのスワップで注意する点は、反対決済をしないと受け取れないということです。

例えばfxでドル/円を持っていて毎日1000円のスワップがついたとします。
なんと1年で365,000円のスワップが手に入るわけですが、
実際に出金できるのは、保有しているドルを決済した時になります。
FX業者を選ぶ場合には、スワップを毎日引き出せるところと、
決済しないと引き出せない会社があることを覚えておきましょう。

今、金利を狙うなら、外貨預金・外貨MMFあたりが狙い目でしょうか。

FX初心者参入のポイント

FXって稼げますか?初心者でも参入できますか?
という質問を受けますが、FXは参入する余地はあります。
知識の差はFXの市販本や情報商材で埋まるので心配ありません。
ちなみにFXは投資です。余剰資金での運用をおススメします。
FXは比較的小額で大きな取引が出来ることが魅力ですが、
もし損が膨らめば追加で証拠金を差し入れるのか、
損切るのか、を判断しなくてはなりません。

FX業者が買値と売値両方を提示しているか確認しましょう。
FX業者を選ぶとき、買値と売値の差があまりないFX業者が
信頼を持って安全な取引が可能になります。

さて今回は、FX初心者が気をつけなければならないポイント
「信託保全の有無」「カバー先金融機関の信用性」についてです。

FXの信託保全ですが、一言で言うと
投資家が預ける資金を守ってくれるシステムです。
FXでは売買を始める前に預ける証拠金は、
あくまでも商品の代金ではなく預かり金です。
よって顧客がFX業者に証拠金の返還を求めれば、
手数料を差し引いて直ちに変換する義務があります。
たとえFX外為業者が倒産した場合にも、
顧客の資産は保全される仕組みになっています。
顧客資産の分離保管に関して取引案内等に明記していない
FX業者とは取引すべきではありません。

カバー先金融機関の信用性についてもよく調査しましょう。
たとえ信託保全が有ったとしても、
カバー先金融機関の信用性が低いと問題です。
FX口座開設時には、カバー先金融機関の格付けも調べてみましょう。

FXシステムトレードとは

FXでも株でもそうですが、金融商品をトレードして利益をあげようとする場合、ついついデータに振り回されたり、自分の感情で判断したりしまいがちです。

システムトレードとは、そういった人間的な感情を差し挟まずに、機械的に決められたルールに則ったトレードを行うことをいいます。

為替相場、スワップ、レバレッジなど多くの要素が組み合わさって複雑に変動し続けるFX投資では、一時的な感情に左右されずに、システムトレードによってコンスタントに利益を出すことができるようになると言われています。

実際にFX投資でシステムトレードをすると決めたら、ルールを変更することなく機械的に売買することが大切です。

コンピュータにシステムトレードのプログラムを組み込み、自動売買する方法が近年増えていますが、個人でも表計算ソフトを使ったシステムなどで応用できるので研究してみると面白いかもしれません。


FX「究極の短期売買マニュアル」を無料で差し上げます トップページ

FX(外国為替証拠金取引)スワップとは

スワップやレバレッジという言葉は、FXの取引ルールの中でも分かりにくいと感じる人が多いようです。


スワップとは金利差のことで、現在、世界的に金利が安い部類に入る日本では、誰が投資してもいいくらい、と言われるほど効率的な投資方法です。


FXでは、金利の安い通貨を売って、金利の高い通貨を買って持っていると、金利の差額分の受取額が発生します。これがスワップポイントです。


スワップは購入した通貨を持っている間、毎日FXから受け取ることができます。


FXの取引業者ごとに、組み合わせられる通貨に特徴があり、多くの通貨が取引できますが、選ぶのに困るほどの量でもなく、メジャーで金利差が大きいことが分かっている豪ドル、米ドルなどにしぼって取引する人も多いようです。


通貨を買うときにレバレッジを数倍に設定すれば、ちょっとした資金でも、1日数十円〜100円程度のスワップ、年間で数万のお小遣いがゲットできる計算になります。


FXの大きな特徴であるレバレッジは、利益を大きく取ることもでき、読みが外れたときにはそれだけのリスクを負うことにもなるポイントなので、よくシュミレーションを重ねましょう。


FX「究極の短期売買マニュアル」を無料で差し上げます トップページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。